ボロボロ日記

オタクの生き様

レツゴWGP編視聴完了!!!!!

 最近ちょこちょこ観ていた『爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP』編。

今日視聴完了した。

 

 

 

 

ミニ四駆世代から外れているので馴染みは全くなかったのだが、アニメの出来が良過ぎてかなり楽しめた。

 

 

 

 

WGP編は所謂世界大会編で、日本代表世界の強豪たち!というよくある構図だ。

ただトーナメント形式ではなくリーグ戦を採用しているので、ライバル達と何度も対決することになる。

 

 

 

このリーグ戦方式WGP編の面白さを加速させていると思う。

 

 

 

いつ勝つか負けるか分からないハラハラ感や、一度戦ったライバルが成長してもう一度立ちはだかるという展開が目まぐるしくやってくる。

特に「チーム」での戦いがフューチャーされるシーンが多く、チームごとの戦略や、話数を重ねるごとに徐々に明かされていく新戦法等飽きさせない作りだった。

 

 

 

 

 

後半にて新マシン導入や、チーム内不和からの土壇場での成長。

ホビーアニメあるあるをここまで抑えているのは凄い。

 

逆にホビアニ元祖まである。

 

 

 

 

 

 

 

後シリーズ通して観てきたからこそ最高に熱くなれる回、

49話「勝者の条件!」はとんでもなかった。

 

 

誰が勝つかも予想がつかない、限界ギリギリのレース。

観終わった後に分かるタイトルの意味、演出アニメ演技。全てが良かった。

 

 

 

 

 

こんなんカルロ大好きになるで。

 

 

 

 

 

 

 

後個人的にオーディンズのジャネットとマルガレータがぶっ刺さった。

2020年に90年代のアニメのキャラにハマるとロクなことが無い。

 

 

 

 

オタクは二次創作を求め、古の個人サイトを巡る旅が始まった。

終わり